アドミッションポリシー

アドミッションポリシー(入学者受け入れ方針)

 本学の建学の精神は、浄土真宗の宗祖親鸞聖人のみ教えである「仏教精神」を基調とするものであります。建学の精神に共感し、いのちの尊さに目覚め、報恩、感謝、敬愛の精神を備えた心身ともに健全に成長しようと願う学生を求めています。
 夢や希望をもって、自分で自分の道を切り開く意欲のある学生、将来の目標をしっかり持ち、目標の実現に向かって努力する学生を受け入れます。
 そして、私たち短大の教職員は、学生のみなさんの目標達成に向けて一丸となってサポートします。

各学科のアドミッションポリシー

 人間コミュニティ学科

 現代社会のさまざまなコミュニティの中で、人と接しながら、豊かな人間性を高め、自己を発展させることができる人材の養成を目指し、次のような学生を求めています。
 なお、学科には、「映像・放送コース」「司書・情報コース」「仏教コース」があります。

  1. 映像・放送に関心を持ち、知識・技能を習得し、将来、関連の仕事に就きたい学生
  2. 資料の収集、整理、分類や情報活用を学び、将来、司書や情報関連の仕事に就きたい学生
  3. 仏教・真宗に関心を持ち、理論、実践、応用を学び、将来、関連の仕事に就きたい学生

 保育学科

 本学科では建学の精神に基づいた人間観を学ぶことを通して、心豊かな保育者を育てます。さらに、幼児教育・保育についての知識や技能だけではなく、ふさわしい人間性と思考力・判断力・表現力を備えた保育者の育成を目指し、次のような学生を求めています。

  1. 子どもが好きで、子どもの育ちに興味があり、幼児教育・保育に関する仕事に就こうとする学生
  2. 相手の立場に立って考え、行動し、円滑な人間関係を築こうとする学生
  3. 好奇心が旺盛で何事にも積極的に取り組み、自ら学ぼうとする学生