2019年度 OB・OGメッセージ

佐野 ひら芙 さん

佐野 ひら芙 さん

映像・放送コース / 福岡県 東鷹高校卒

福岡県 ㈱VSQ 勤務

 映像制作が好き。好きなことを仕事にできたらサイコーじゃん!高1の冬に思い立った私は、現在福岡のテレビ局内にある映像制作会社で働いています。九州龍谷短期大学の最初の印象は、「田舎…!」でした。しかしいざ学内に入ってみると、最新のPCにクロマキー合成の施設・カメラマンが担ぐような大きなカメラまで、思わず目がキラキラと輝いてしまいました。入学してからの日々は、元アナウンサーや元ディレクターの先生から教わることができ、かなり実践的な知識と技術を身につけることができます。学生も少人数のため、先生との距離がとても近く、安心して勉学や就活に励むことができました。もし課題に煮詰まっても、一歩外に出れば豊かな自然に澄んだ空気。福岡市内に就職した今も、龍短みたいな環境で働きたいなぁと思うこともしばしばです。映像制作やしゃべることが「好き」。その気持ちさえあれば、絶対に有意義で楽しい生活が送れる大学だと思いますよ。

坂口 麻衣 さん

坂口 麻衣 さん

映像・放送コース / 佐賀県 有田工業高校卒

佐賀県 佐賀シティビジョン㈱(ぶんぶんテレビ) 勤務

 私は卒業後、佐賀市・小城市・神埼市・吉野ヶ里町の1部をエリアとしたケーブルテレビ、ぶんぶんテレビで働いています。今は主に番組制作・アナウンス業務をしています。ケーブルテレビの番組制作は、企画構成・取材撮影・原稿作成・編集・ナレーション・リポートなど、1人何役もの仕事を担当します。
 大変そうだと思うかもしれませんが、自分が考えたものを形にできるというところはケーブルテレビ局で働く魅力の1つだと感じています。映像・放送コースでは、番組が完成するまでの全ての仕事について、様々な科目で専門的に学ぶことができました。今でもその知識が役立っています。また、映像・放送コースはどれか1つの分野に特化しているわけではないので、講義を受けていくうちに、自分のなりたい将来像を見つけることができるかと思います。2年間と期間は短いですが、積極的に講義に参加することで夢にかなり近づく事ができると思います。

江口 拓弥 さん

江口 拓弥 さん

司書・情報コース / 長崎県 清峰高校卒

長崎県 佐世保市立中里中学校 勤務

私は学校司書になりたいという目標を持って九州龍谷短期大学に入学しました。
 短大卒業後は、佐世保市内の小中学校4校で、学校司書として勤務しています。
 4校掛け持ちという慌ただしさの中で、児童生徒への貸出返却や授業支援、季節ごとの室内掲示の工夫やイベントの開催、図書便りの作成など様々な司書業務で、短大で学んだ専門的な知識や情報処理技術が活きています。また、勤務していく中での悩みなどもありますが、在学中にできた友人などのつながりが今でも私を支えてくれています。
 あなたも、九州龍谷短期大学の司書情報コースで学んでみませんか。

中野 貴帆 さん

中野 貴帆 さん

司書・情報コース / 佐賀県 佐賀商業高校卒

佐賀県 佐賀市教育委員会 勤務

 私は短大卒業後、佐賀市学校図書館事務として採用を頂き、現在は佐賀市内の小中学校の図書館司書として勤務しています。
 学生時代は、図書サークルに所属しており、図書館内の本の整理や、掲示物の作成などを行っていましたが、これは現在の仕事でも行っていることなので、学生の頃に経験していてよかったと思いました。
 現在、業務の多くをパソコンで行っていますので、情報技術の分野もこれからの司書には必要不可欠のものとなります。この点も、短大で学んでいてよかったと感じています。さらに、ビジネス関係の科目もあるので、社会人になった時に実践で役に立つ内容もたくさん学ぶことができますよ。ぜひ、九州龍谷短期大学で学んでみませんか。

大島 光海 さん

大島 光海 さん

仏教コース / 福岡県 筑前高校卒

鹿児島県 浄土真宗本願寺鹿児島別院 勤務

私は九州龍谷短期大学で仏教・浄土真宗の基礎を学び、卒業後は京都の龍谷大学に編入させていただきました。その後、本願寺の勤式指導所でお勤め、作法、雅楽を学び、声明の基礎を深めることができました。その後、本願寺大谷本廟で1年間臨時職員を経て、現在は本願寺鹿児島別院で勤務をしています。
 鹿児島別院では僧侶としての法務はもちろん、その他にお寺でできる様々なイベント企画、SNSの運用(インスタグラム)、広報誌の製作に携わっています。短大での経験が今ある私への自信に繋がっていると感じ、とても感謝をしています。

池永 大信 さん

池永 大信 さん

仏教コース / 大分県 藤蔭高校卒

大分県 丸の内こども園 勤務

私の実家はお寺とこども園を運営しており、私は平成26年に仏教コースに入学しました。仏教コース卒業式の数日前に父である前住職が亡くなったことにより、卒業と同時に住職になりました。その後、一年は住職に専念している間に、龍短の先生方には相談に乗っていただいていました。
平成28年に保育学科に入学し、住職と学生の両立の為、急な法務の際には、講義や試験を休むことが多く、その際には補講や再試験を実施していただき、無事に二年間で卒業することができました。私は以前、別の大学にも通っていましたが、ここまで一人ひとりの生徒に支援して下さる学校は他に無いと思います。ぜひ、この学校で自らの可能性に挑戦してみてください。

2018年度のOB・OGメッセージ